頭皮に優しいシャンプー

頭皮に優しいシャンプーをランキング形式で紹介

あなたは今、次のようなことで悩んでいませんか?

 

  • 頭皮が乾燥しやすいので保湿ができる優しいシャンプーがほしい
  • 頭皮がヒリヒリと痛いので肌に良いシャンプーを使いたい
  • 今使っている市販シャンプーだと頭皮が痒くなってフケが出てくる
  • 敏感肌、肌が弱い人におすすめのシャンプーが知りたい
  • 急に頭の地肌の肌質が変わって今のシャンプーが合わなくなった
  • 最近、抜け毛や薄毛が心配なので頭皮に優しいシャンプーを使いたい

 

こういった人におすすめなのがアミノ酸系のシャンプーです。アミノ酸系のシャンプーはとても頭皮に優しいシャンプーです。

 

頭皮に優しいシャンプー

アミノ酸系シャンプーは頭皮にすごく優しい

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分にアミノ酸を含む界面活性剤を使用しているシャンプーのことです。

 

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が強くない、刺激が少ないといった特徴があります。

 

ですから次の人におすすめのシャンプーです。

 

  • 洗浄力が強くない ⇒ 頭皮の脂が少なく乾燥しがちな人
  • 髪や肌への刺激が少ない ⇒ 敏感肌やアトピーの人

 

合わないシャンプーを使い続けるのはやめましょう。そのまま使い続けると炎症がおきるなど頭皮の状況はどんどん悪化していきます。もっと頭皮に優しいシャンプーに変える必要があります。

みんなが知っているシャンプーはアミノ酸系シャンプーではない

CMでよく見る有名な商品名のシャンプーは高級アルコール系シャンプーばかりです。ドラッグストアで売っているのはほとんどがこのタイプのシャンプーです。

 

高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強いのが特徴です。泡立ちがよく汚れがよく落ちます。肌が強く頭皮に問題のない人に向いているシャンプーです。

 

ただ、頭皮が繊細な人が高級アルコール系シャンプーを使うとこのページの最初で書いたような問題が起きてしまいます。

 

ドラッグストアでアミノ酸系シャンプーは売っていない

多くの人がドラッグストアやスーパーでシャンプーを買うと思いますが、ドラッグストアなどで売っているのは高級アルコール系シャンプーばかりです。

 

なぜなら、一番需要があるのが高級アルコール系シャンプーだからです。普通の人は肌が強いので洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーでも問題ありません。

 

それに対して肌が繊細な人向けのアミノ酸系シャンプーは需要が少なく、あまり売れないのでドラッグストアには置いてありません。

 

美容室でアミノ酸系シャンプーを売っていることがありますが、かなり高品質なものを使っているので値段もそれなりにします。毎日使うのは金銭面からちょっと大変です。

アミノ酸系シャンプーを買うならネット通販がおすすめ

頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーが欲しいのならネット通販がおすすめです。

 

ネットではいろいろなアミノ酸系シャンプーが売られており、その中には高品質で比較的安い商品もあります。

 

シャンプーの種類

 

市販のシャンプーの種類はかなりたくさんありますので、どういった物が自分の髪に合うのか、そしてどれを選べば自分の髪へ効果があるのか迷ってしまいます。

 

シャンプーには、様々な種類がありますが、洗浄成分である界面活性剤の種類によって3種類に大別することが出来ます。

 

石けん系、高級アルコール系、アミノ酸系の3種類です。種類の名称からでは、どのような効果があるのかが分からないと思います。

 

石けん系シャンプー

石けん系は、アルカリ性のシャンプーです。洗浄力が強いのが特徴で、洗いあがりがさっぱりします。

 

問題点は石鹸カスが発生するので、髪の毛がごわごわする可能性があります。洗浄力が強いので、皮脂を洗い流しすぎることがあり、オイリー皮質以外の方には不向きなシャンプーともいえます。

 

特に乾燥皮質の方は、乾燥を悪化させる可能性があります。ですが、しっかりと髪を洗いたい時などは、洗浄力の高さから石けん系のシャンプーを使うこともいいでしょう。

 

高級アルコール系シャンプー

高級なアルコールを使用しているわけではなく、アルコールの中でも分子構造における炭素数が多いもので作られた合成界面活性剤を使用しているので、高級アルコールと呼ばれます。

 

炭素数が多くなりますと泡立ちがよくなり、石けん系と同程度の洗浄力を持っています。

 

洗浄力が高いので頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい、肌の弱い方が使用するとトラブルのもとになります。市販のシャンプーの8〜9割が、この高級アルコール系のシャンプーです。

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系は、保湿性が高く刺激が弱い肌に優しいシャンプーです。アミノ酸とはグリシン、メチルアラニン、グルタミン酸、メチルタウリン、サルコシンといった成分です。

 

洗浄力に関しては、高級アルコール系、石けん系のシャンプーに劣ります。また、アミノ酸系のシャンプーの原料が高額なので、他のシャンプーと比べますと値段が高くなります。アミノ酸系のシャンプーは、他のシャンプーでは刺激が強すぎて肌トラブルになってしまう方向けのものです。

 

洗浄力は落ちますが、すべての皮脂を洗い流すことは皮脂過剰に繋がりますし、皮脂が残っていた方が紫外線などから頭皮を守ることにもなりますので支持をされています。ただ、オイリー肌の人が使用すると、適切な量の皮脂を洗い流すことはできません。

 

3種類のシャンプーですが、強みと弱みがやはりあります。頭皮環境に不満があるのに、現状のシャンプーを使用していたとしても頭皮環境は改善しません。最終的には、自身の頭皮環境にあったものを使用することをお勧めします。

 

正しいヘアケア方法

 

正しいヘアケアの方法についてですが、日常的に間違ったヘアケアを行っていると、その積み重ねによってダメージヘアになってしまいます。ダメージヘアになった後にもとに戻すのは難しいので、ダメージヘアとならないよう日常的なヘアケアが重要となります。

 

【シャンプーの前にしておくこと】
ブラッシングは、シャンプーの前におこなうことで、細かいゴミやふけなどを取り除くことができます。また、シャンプー中に髪の毛が絡まることを防ぐことにもなるので習慣にしましょう。シャンプーを頭に付ける前には、38度程度のぬるま湯で髪の毛を事前に濡らしましょう。

 

この時点で、髪の毛の汚れの半分以上を洗い流すことが出来ます。万遍なく髪が濡れたのなら、シャンプーを手のひらで泡立ててから髪の毛へ泡をつけるように洗います。

 

アミノ酸系のシャンプーは、泡がたちにくいので一度に多く使用してしまいますが、泡立ちと洗浄力は比例しませんので泡がたくさん立たなくても使用上の問題はありません。

 

【シャンプーの方法】
シャンプーでは髪を洗うことよりも、頭皮を洗うようにすることが大切です。その際は、爪を立ててかきむしるように洗うのではなく、指の腹でマッサージをするように洗います。ごしごしと洗う習慣がありますと髪の毛が痛みます。

 

長髪だからといって、髪の毛へ直接シャンプーを付けるような洗い方は、ダメージヘアへ繋がります。シャンプーは頭皮を洗うものなので、毛先などはコンディショナーなどの使用をしましょう。すすぎも時間をかけて、ぬるま湯で髪の毛に泡が残らないように丁寧にすすぎましょう。

 

あまり高い温度で髪の毛を洗ってしまいますと、髪の毛の成分のタンパク質が壊れる可能性がありますので注意をしましょう。

 

【ドライヤー】
髪を洗った後は、ドライヤーで髪の毛を乾かします。自然乾燥をしてしまいますと、髪の毛のバリア機能であるキューティクルが弱ってしまい、髪の健康状態の悪化へ繋がります。

 

ヘアケアの観点からはドライヤーの使用は必須です。ドライヤーを使う際ですが、高温で一気に乾かすのではなく、髪の毛から20センチ程離しなるべく低い温度で使用します。ドライヤーの機能として、マイナスイオンが出るものは髪の毛が痛みにくくなります。

 

また、キューティクルを引き締めるためにドライヤーで、ブローをするといいでしょう。また、髪の毛が乾く前にブラッシングをしてしまいますと、キューティクルがはがれる可能性が高いので、髪の毛を完全に乾かしてからブラッシングをします。